Zoom 無料プランで iPhone/android で受講される場合

Zoom の無料プランで受講される場合、最も良いのは、PCで受講されることです。

PCのズームの場合、先生側が録画許可を出すと、zoomの機能をつかって録画が可能になります。録画したファイルの保存先はzoomのプランが無料の場合はPC内に、有料の場合はクラウドに保存できます。

一方、iphone/android のzoomをお使いになる場合、先生が録画許可を出しても、zoomの録画機能を使用することができません。

ただし、zoomの機能を使わなくても、スマホには画面録画機能がありますので、そちらを使っていただければレッスンの録画が可能になります。

iPhone の場合

コントロールセンターの開き方は、お持ちのiPhone によって、または設定によって異なります。どのようにしてコントロールセンターにアクセスできるか、レッスン前にチェックしていただくと良いでしょう。

iPhone X以降のモデルでは、画面の右上を下方向にスワイプするとコントロールセンターが表示されます。

1.レッスン開始後、iphone でコントロールセンターを開いてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: iphone-zoom-recording11.png

2. 次に、画面録画のマークを長押しして「マイク」をONにします。

ただタップしただけですと、iphone 内部のサウンドのみ録音された録画になってしまいますので、必ず長押しして、Zoomを選択し、マイクをONにしてください。

そうすることで、外聞音声(お話されている自分の声)も同時に録音されます。マイクの音声の音量調節はできません。

3. 画面録画の停止

レッスンを終了後、もしくはお好きな時に録画を停止できます。

録画終了方法は3つのやり方があります。

A : ステータスバーをタップして「停止」を選択する(以下画像参照)
画面録画 録画を終了
B : コントロールセンターを表示して画面収録ボタンをタップする(以下画像参照)
画面録画 録画を終了
C : 画面をオフにする

電源ボタンを押して画面をオフにすることで、録画を即時終了できます。このやり方を行うと、zoomレッスンも終了してしまいますので、レッスン終了後に、どうしても録画の止め方がわからない場合にのみ行ってください。

録画したファイルは、iPhone の「写真」フォルダに自動保存されます。

動画ファイルはかなり重いので、iPhone の容量にご注意いただき、適宜削除したり保存場所を移動するなどしてご対応ください。

4. コントロールセンターに画面録画ボタンがない場合

まずはコントロールセンターに画面録画ボタンを追加します。

「設定」アプリを開いて、「コントロールセンター」を選び、「コントロールを追加」の部分に「画面録画」がありますので、その横にある緑色の「+」ボタンをタップしてください。こうすると、コントロールセンターを開けば、画面録画ボタンが現れます。

画面録画 コントロールセンターのカスタマイズ

録画ファイルは先生の個人情報を多く含むものとなります。

個人で勉強にご利用いただく以外、絶対に外部に漏洩しないようにご注意ください。

Android の場合

Android 11 より、画面録画機能「スクリーンレコード」が標準搭載になっています。

Android 11 にアップデートすれば、他のアプリを使わなくても画面録画が行えます。

Android 11 へアップデートできない場合は、アプリを使って画面録画する方法がございます。

ここでは、「スクリーンレコード」での録画について説明します。

1.クイック設定パネルに「スクリーンレコード」を追加する。

初期状態ではクイック設定パネルで「スクリーンレコード」を選択できないので、まずはクイック設定パネルへの追加を行います。

編集画面を下にスクロールすると、パネル未追加の項目に「スクリーンレコード」があります。
パネルに追加する際は、「スクリーンレコード」のタイルを長押ししてドラッグします。

Android スクリーンレコード

2. 画面録画を開始する

録画を開始するには、「スクリーンレコード」を追加したクイック設定パネルを開き、「スクリーンレコード」のタイルをタップします。

メッセージ画面で、「録画」をタップすると画面録画がスタートします。

開始画面では、音声の入力元などの設定が可能です。

Android スクリーンレコード
録画開始画面